毎日リップルまとめ

「ビットコインが120万円超えで以前の相場が戻りつつある」、他

今日は「図解・SWIFT」の記事を公開しました!


SWIFTの解説から新しいプロジェクト「SWIFT gpi」の話題まで載せてます。

SWIFTとは国際送金に使われる統一規格のようなもので、SWIFTがあることにより世界中の銀行へ資金を送金することが出来ています。

しかしそのSWIFTを使った銀行の不正送金など危ない状況もあったりもします。

その代替としてリップルの銀行向け送金システム “xCurrent” があるのですが、比較するためにも「世界の送金を担うSWIFTの実態」を知ろう!という記事です^^ ぜひご覧ください!

では今日の仮想通貨ニュースを確認して行きましょう!

昨日の毎日リップルはこちらです^^

  • 年間送金2兆円のケンブリッジが国際送金のためにxRapidをテスト
  • 一時4円近い上昇!久々に見たXRPの拳!
  • 韓国ウリ銀行、Ripple送金テスト終了
  • SBI HDが台湾フィンテック企業に出資
  • 強気の予想!年末に1700円/XRP
  • XRP/法定通貨のペアが多くなればBTCに影響されなくなる
  • リップル社エミさんがXRPについて話すためスタンフォード大学で登壇
  • Oandaによる「デジタル資産」最後のレポート 
  • Twitterでは仮想通貨に関することをつぶやいています^^ぜひフォローお願い致します!(@twins_naoki

    2018-03-03のXRPの価格推移

    見事に山が出来ていますね。上に上がりたがっている感じがします^^

    ビットコインが120万円超えで以前の相場が戻りつつある

    新しく仮想通貨市場に参入してくる人はまずビットコインから購入することが多いですし、指標はやはりビットコインですね。そのビットコインが強いのは意味があります。

    いずれ実需の伴ったXRPがビットコインの時価総額や売買高を超えてくるとは思いますが、今の冷え切った相場は全体が温まったほうがいいような気がします。

    リップルがメディアに定期的に登場するようになってきた

    ビルゲイツ氏、銀行は必要なくなると予測

    少し前の記事でビル・ゲイツ氏が仮想通貨に否定的な発言でかなりメディアが反応していましたが、過去には銀行が必要なくなると予測もしていました。

    必ずしも銀行が消えてなくなるというものではなく、現在の銀行のビジネスモデルが激変するということでしょう。

    MITメディアラボ所長・伊藤穰一「ICOの狂乱に思うこと」

    そして彼らはトークンの原資産などには注意を払わず、「大馬鹿理論(Greater Fool Theory)」に従って金を張る。つまり、自分より愚かな誰かがトークンにさらなる高値をつけるだろうと考えるのだ。悪くない賭けに見えるだろう。しかし、その理論が成立すればの話だ。

    投機だけで終わらないでしょうけど、言っていることに賛同しています。ただ、前回の暴落はトークンが淘汰されていくプロセスがあまり見れなかったので「バブルではない可能性」があります。

    また暴落が訪れるということですね。でも、そうやって実需が芽生え始めるんだと思います。

    投資家の裾野を広げるには大口の参入が不可欠

    僕もそう思います。

    規制が各国で整っていかなければ参入しにくいのでまずはそこからですね。G20で注目しましょう。

    金融機関のデジタルアセット本格利用と企業の需要

    XRPなどのデジタルアセットを持つ企業が増えれば、リスクヘッジを行う企業も現れますし、ますますXRP経済圏が強くなっていきます。

    何よりデジタルアセットの送金が整えば「小額決済がとんでもなく増加する」と思いますから経済も活性化すると思います^^

    ではまた明日会いましょう^^

    ▽昨日の話題はこちら

  • 年間送金2兆円のケンブリッジが国際送金のためにxRapidをテスト
  • 一時4円近い上昇!久々に見たXRPの拳!
  • 韓国ウリ銀行、Ripple送金テスト終了
  • SBI HDが台湾フィンテック企業に出資
  • 強気の予想!年末に1700円/XRP
  • XRP/法定通貨のペアが多くなればBTCに影響されなくなる
  • リップル社エミさんがXRPについて話すためスタンフォード大学で登壇
  • Oandaによる「デジタル資産」最後のレポート 
  •  

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • follow us in feedly

    【図解】SWIFTとは?国際送金を一手に担うシステムの解説前のページ

    週間リップル「2018年3月第1週の仮想通貨ニュース」次のページ

    ピックアップ記事

    1. 【図解】リップルの銀行向け送金システム「xCurrent」の仕組みと将来性を紹介…
    2. 「銀行とXRPの関係」
    3. Twitterアカウントを凍結されてXRPコミュニティの良さを再確認
    4. リップル社の「リップルについて何でも聞いてよ(AMA)」のまとめ
    5. サンタンデール銀行が「3クリック・40秒」で国際モバイル決済!

    関連記事

    1. 毎日リップルまとめ

      Rippleは持続可能な金融の未来を構築している

      世界中で使用される決済方法の環境への影響をデータサイエンスWe&#…

    2. 毎日リップルまとめ

      Ripple世界会議SWELLはオンライン開催

      今日の「毎日リップル」ニュースは…、【ロンドン開催予定だったS…

    3. 毎日リップルまとめ

      XRPが40円回復でトレンドが転換か

      今日紐解くニュースは…、【XRPが40円まで右肩上がりで回復】…

    4. 毎日リップルまとめ

      XRP基軸の取引所が誕生

      FXcoin「BTC/XRP、LTC/XRP、BCH/XRPの通貨ペア…

    5. 毎日リップルまとめ

      ILPの開発者サミットがサンフランシスコで4月5日から開催

      今日紐解くニュースは…、【インターレジャーの開発者サミット】に…

    6. 毎日リップルまとめ

      仮想通貨交換業者はすさまじくきつい状況

      今日の「毎日リップル」ニュースは…、【後ろ向きな施策をどんどん…

    最近の記事

    1. Rippleの新しいCMが登場
    2. BTCが2万ドル突破でクリプト新章スタート
    3. Pornhubがクレカ決済を止められ仮想通貨のみ利用可能に
    4. Rippleは規制当局者が許せばODLによる世界的カバーを目…
    5. 期待されているRippleとPolysignのカストディ事業…
    6. RippleNetの取引の約20%がXRPを利用するODLで…
    7. XRP Ledgerは毎秒1500のトランザクションを処理で…
    8. ブロックチェーン学習サイトPoL「Ripple・XRPのカリ…
    9. XRP基軸の取引所が誕生
    10. スタチャが仮想通貨カストディ事業を来年開始!
    1. 毎日リップルまとめ

      RippleとFinastraが提携しネットワーク拡大!
    2. 毎日リップルまとめ

      XRPの1日の平均出来高が時価総額並みになってきた
    3. 毎日リップルまとめ

      サウジ・ブリティッシュ・バンクがRippleベースの即時国際送金を開始
    4. 毎日リップルまとめ

      MoneyGramが数分内着の電話番号送金開始!
    5. 毎日リップルまとめ

      「バイナンスが分散型銀行を設立へ」他
    PAGE TOP