リップル物語

リップルはXRP投資を通じ個人向け市場へ参入していく

リップル図解はじめました!

第一弾は「リップルはXRP投資を通じ個人向け市場へ参入していく」です!

リップルの魅力はXRPの価格上昇だけではありません。個人投資家としてはキャピタルゲインを得ることは大切なのですが、ビジネスの本質を知ることにより「他の投資に役立つ」というメリットがあります。

金融という少しとっつきにくい分野であるため、長めのブログや書籍を見ていると眠くなる人がいるかもしれません。

そこで、出来るだけ図で深く理解してほしいと思い「リップル図解」をはじめました!

では見ていきましょう。

ビジョン:リップル社は価値のインターネットを目指す

Internet of Value = 価値のインターネット

リップル社は価値のインターネットを目指しています。情報が行き来するインターネットのように「お金など価値もネット上で瞬時に行き来させよう!」という世界観です。

その理想のために「国際送金に特化する」という道を選びました。国際送金は未だに非常に遅く高いものです。

それらの不満を解消するためにデジタル資産のXRPを使ったり、ILPでそれらを繋ごうとしています。

リップルは企業としてプロダクトを販売し黒字になっている

リップルはxCurrentという銀行向けの送金ソフトウェアを金融機関に販売しすでに黒字を達成していると言います。先のレポートでxCurrentを導入した金融機関は「XRPを使うxRapid」に興味を示しているようですね。

現在、xCurrentを使う顧客は誰もxRapidを使っていませんが、私たちは彼らに対して今まで以上に流動性の課題について、そして要望があればxRapidについても話をしているところです。

これは金融機関が既存のSWIFTに加えリップルの用意するプロダクトを活用し「国際送金の最適化」を達成しはじめたということです。今年には成果が出始め、コストダウンや即時性の効果を発表する金融機関が多くなって行くことでしょう。

さらに「世界最大手の銀行が参加するかもしれない」という情報もあります。

これからも継続してSWIFTの置き換えをしていくはずです。

SWIFTについてはこちら

リップルはXRP投資を通じ個人向け市場へ参入していく

では国際送金の最適化ができたらどこへ向かうのでしょうか。

そのひとつの答えが「BtoC」です。

リップルは今まで「国際送金」という企業向けビジネスであるBtoBに特化してきましたが、いよいよ個人顧客向けの領域に間接的に踏み込んでいくとみられます。

特に「Omni社への投資」がその一つで以前記事で詳しく書きました。

リップルはBtoBで国際送金の不便をなくす道途中です。だからこそ手薄なBtoC分野の有望企業と組んで、大きな目標へ速くつけるよう計画しているのでしょう。

個人向けビジネスであるBtoC、特にシェアリングサービスの市場規模は大きくなっていきます。そのシェアリングサービスに「デジタル資産・分散台帳技術」というのは非常に相性が良いのです。

リップル社は国際送金に特化しているため自分たちのビジネスに注力していきます。一からビジネスを立ち上げる難しさを知っているからこそ有望なベンチャーに投資をするということですね。

まだMojaloopのサービスの開始はされていないので詳細はわかりませんが、ここもBtoCに間接的に影響していくでしょう。

国際送金だけでなくBtoCの市場までXRPが浸透し始めたら「総供給の1000億XRPでは足りない!」、という事にもなるかもしれないですね。これは希少価値をあげるのでおのずとXRPの価格も上がっていくと思います。

期待できるのではないでしょうか^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. サンタンデール銀行が「3クリック・40秒」で国際モバイル決済!
  2. リップル社の「リップルについて何でも聞いてよ(AMA)」のまとめ
  3. 「銀行とXRPの関係」
  4. Twitterアカウントを凍結されてXRPコミュニティの良さを再確認
  5. 【図解】リップルの銀行向け送金システム「xCurrent」の仕組みと将来性を紹介…

関連記事

  1. リップル物語

    Twitterアカウントを凍結されてXRPコミュニティの良さを再確認

    Twitterアカウントの凍結をされ2日です…。「自動化動作が見られる…

  2. リップル物語

    リップル社の「リップルについて何でも聞いてよ(AMA)」のまとめ

    どうもこんにちは、ツインズナオキです!!(@twins_naoki)F…

最近の記事

  1. Rippleは29の学術パートナーと協力中
  2. 投げ銭を簡単にするブラウザAPIとしてILPが紹介
  3. 台帳を失うことのないXRP Ledger
  4. XRPの仕組みはどのようになっているか
  5. Rippleが理想的なパートナーである事が証明された
  6. ODLのサービス開始からたった18ヶ月で最も大きなコリドーの…
  7. マネックス証券がXRPなどの差金決済取引サービス開始
  8. VISAがブロックチェーンエンジニア募集
  9. XRPなど仮想通貨決済を利用したホテル予約サービス
  10. XRPを批判しようが近い将来きっと使うことになるよ
  1. 毎日リップルまとめ

    「インド財務省国際会議の紹介にリップルの名前が載る!」、他
  2. 毎日リップルまとめ

    「2020は仮想通貨普及の年」Rippleが三大テーマを発表
  3. 毎日リップルまとめ

    米信用組合サービス組織がR3のCorda採用
  4. 毎日リップルまとめ

    「100億円規模XRPファンドのアーリントン氏が米規制当局に協力」、他
  5. 毎日リップルまとめ

    XRPが8%を超える上昇
PAGE TOP