リップル物語

リップル社が550億XRPのロックアップを実施

作業を止めて「リップル社ロックアップ実施の意訳記事」を作成していたツインズナオキ(@twins_naoki)です!リップル社の発表に少し説明を入れながら「ロックアップの意味」を記事にしました。

市場の信頼の為に550億ものXRPをロックアップ!!

2017/12/08 朝9時過ぎにリップル社の中心人物デビットさん(@JoelKatz)が突如……「大変なことが起きた!」

と、つぶやいた瞬間ざわめきたち……。

「もしや、エスクロー???」

と感づいた人たちがすぐに、すぐに見つけてましたw →こちらで見れます

市場への約束を実行

リップル社の保有する600億XRPのうち、約束していた550億XRPを期限付きで凍結することは「売り浴びせることはしない」という市場参加者へのアピールにもなります。

そしてロックアップが行われると「XRPの価格が上がる」と言われていたので、予想どおり、

すぐに調整は入りましたが、僕は「大きな一歩」だと考えています。

ではリップル社の発表を見ていきましょう!

今年の始め、私たちはXRP供給の確実性を持たせるため、暗号化されたエスクロー口座(信頼のおける第三者口座)に550億のXRPを預けることを約束していました。そのお約束の通り、今日(2017/12/08)、ロックアップ(エスクロー口座に預託)を完了しました。

とても大きなシェアを持つXRPをエスクローに入れることにより、人々は市場へ投入される最大供給XRP量を数学的に検証できるようになります。リップル社はXRP供給の責任者であることが5年間で証明されていて、XRPエコシステムへの投資とサポートの実績がはっきりと証明されています。このロックアップで以前から指摘されている「リップルへの風評被害が市場にあふれかえる懸念」を排除します。

この動きは、XRPの「流動性」と「健全で信頼できる市場を構築する」というリップル社の決意を強調します。長い目でみると、デジタル資産の価値は「有用性」によって決まります。XRPは、銀行、決済プロバイダー、企業の国際送金や流動性といった「数兆ドルの問題を解決する」ために設計されました。それは明確な制度上のユースケースを持つ唯一のデジタル資産です。

根拠が説明できない「投機」で進む他のデジタル資産とは違いますし、
実際の機関投資家はもうXRPの価値を見いだしています。政府、規制当局、中央銀行もXRPがグローバルシステムで果たす役割をますます認識しているのです。

XRPは、ビットコインやイーサリアムよりもはるかに速い取引速度と取引量を実現します(1秒間に数万件の取引をする能力)。他のデジタル資産は取引の限界にぶつかりつつありますが、XRPは最も高速で、最も効率的で、拡張性のあるデジタル資産であり、支払いにとって最高のデジタル資産です。国際送金に必要な「即時売買できる流動性」を提供するために、それら機関がXRPを検討していることは驚くことでもないのです。

エスクロー(凍結)の仕組み

XRPレジャーのエスクロー機能により、当事者は「時間や条件」が満たされるまでXRPを保護することができます。たとえば、エスクローはXRPの送信者の支払い完了を確認すると「支払い期日まで暗号化する」など正確に条件を設定できます。

リップル社はこのエスクローを使用して、「毎月1日に0から54まで割り振られた各10億XRPのうちひとつが、凍結の有効期限切れとなる」といった契約を設定しています(全部で55件)。各契約が期限切れになると、そのXRPはリップル社が利用可能となります。あなたは「インセンティブXRPを持ち、機関投資家への広範なスプレッドや販売を提供するマーケットメーカー」の存在により、私たちに期待を持ち続けられるでしょう。

毎月末に「使用されていない全てのXRP」をエスクローローテーションの後ろに戻します。例えば、最初の月で末日に5億XRPが残っていれば、それら5億XRPは55ヶ月で有効期限が切れる新しいエスクローアカウントとして後ろに置かれます。参考までに、リップル社は過去18ヶ月で平均3億XRPを月額で販売しています。

リップル社のビジョンは変わりません。
「情報が行き来するように、摩擦なくお金が動く世界」という Internet of Value(価値のインターネット)を可能にするビジョンです。

XRPはその心臓部と言えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テッククランチの創設者が仮想通貨ヘッジファンドの「アーリントン XRP キャピタル」を発表前のページ

SBIリップルアジアがリアルタイム送金を生放送でデモ実施【画像&テキスト版】次のページ

ピックアップ記事

  1. Twitterアカウントを凍結されてXRPコミュニティの良さを再確認
  2. サンタンデール銀行が「3クリック・40秒」で国際モバイル決済!
  3. リップル社の「リップルについて何でも聞いてよ(AMA)」のまとめ
  4. 「銀行とXRPの関係」
  5. 【図解】リップルの銀行向け送金システム「xCurrent」の仕組みと将来性を紹介…

関連記事

  1. リップル物語

    金融庁会見 コインチェックなどの行政対応

    bitpressによる会見速報ツイート【金融庁会見:仮想通…

  2. リップル物語

    【仮想通貨の未来は?】金融庁が7社の仮想通貨企業に業務停止命令含む行政処分を発表、世界の規制を見る

    仮想通貨取引所運営の7つの企業に対して「業務停止命令」を含む行政処分が…

  3. リップル物語

    ILPユーザー会「NTTデータさんのILP開発事例」

    2018-04-13、銀座にて日本で始めて "ILPを実証実験・開発す…

  4. リップル物語

    【完全版】リップル社による東京XRPミートアップの全容記事

    どうも、リップルのビジョンに共鳴してそれを奥さんに熱弁しているうちに、…

  5. リップル物語

    リップル社の「リップルについて何でも聞いてよ(AMA)」のまとめ

    どうもこんにちは、ツインズナオキです!!(@twins_naoki)F…

最近の記事

  1. Rippleの未来に強いエンジニアリングチーム作り
  2. Rippleが金融包括を目指すMojaloopにスポンサー参…
  3. 今日最後のRipple Swell Regional …
  4. ブロックチェーン技術を用いたネット投票の可能性
  5. Uphold、XRPが1000ドル突破と冗談ツイートして反響…
  6. 2020年の第1四半期の送金コストは約7%
  7. 分散型台帳技術は金融包括と経済成長をもたらす
  8. Rippleエミさん、IT政策担当大臣登壇予定のブロックチェ…
  9. フォーブスのブロックチェーンシンポジウム2020にRippl…
  10. 英Revolutが日本で口座開設スタート!
  1. 毎日リップルまとめ

    「コインチェック役員受入れで経営立て直し」、他
  2. 毎日リップルまとめ

    「手数料無料の台湾CobinhoodにXRPが上場!」他
  3. 毎日リップルまとめ

    「100億円規模XRPファンドのアーリントン氏が米規制当局に協力」、他
  4. 毎日リップルまとめ

    毎日リップル「リップル社のエミさんが中国でRipple神話を話す」
  5. 毎日リップルまとめ

    SWIFT gpiは送金バケツリレーを早めただけ
PAGE TOP