リップル物語

サンタンデール銀行が「3クリック・40秒」で国際モバイル決済!

速いですねー!

どうもツインズナオキです。(@twins_naoki

今日はスペイン、サンタンデール銀行の「3クリック・40秒国際モバイル決済」について掘り下げていきましょう!

今までの国際送金は遅くて高かった

サンタンデール銀行が2018年第1四半期にモバイルアプリ決済を実施するというスライドで、「3クリック・40秒国際モバイル決済」について書いていました。

銀行の国際送金は現状「数日かかり、数千円の費用がかかる」のが当たり前です。

その都度手数料が変わったりすることがあるので「全くもって不透明」な送金です。

それがモバイル端末で3クリック、40秒で済ませられるんですから革命的ですよね!

そのページがこれ。

分散台帳技術を使うというこのスライドの中で「Ripple」の文字がしっかり書いてあります。

どんな内容?

サンタンデールのモバイルアプリは、

デジタルウォレット
個人財務マネージャー
即日国際決済
個人間送金

が機能としてついていて、まず下の4つの国からスタートします。

・スペイン ・ブラジル ・イギリス ・ポーランド

個人的には銀行が出すモバイルウォレットにも惹かれます^^

スタッフ間でアプリを使い「Apple pay」のテストをしていた

なんとサンタンデールのこの銀行のアプリはiPhoneの「Apple pay」を使えるんです!

スタッフの間で18ヶ月のテストをしていたそうです。
– Banco Santander prepares for Q1 roll out of personal payments via Ripple

リップルCEO・ブラッドガーリングハウスさんもこのテスト成功とリリースに関してツイートしています。

そもそもサンタンデール銀行って?

F1の「マクラーレン」、「フェラーリ」のスポンサーで、サッカースペイン国内リーグ「リーガ・エスパニョーラ」のスポンサーでもあります。

つまり、非常に財力ある銀行ということですね^^

サンタンデール銀行 (Banco Santander S.A.)は、スペイン・マドリードに本拠を置く、スペイン最大の商業銀行グループ。 -wikipedia-

この銀行が分散台帳技術、特にxCurrentを使って実際に3月までに国際モバイル決済を実現するということです!

サンデール銀行はこのアプリで、個人向け国際決済の「1兆4000億円」という市場を取っていくそうです。

リップルとの深い関わり

かなりリップルと親密な関係なんです。

というのもサンタンデール銀行はリップルの「RippleNet」を導入するお客さんの中でも「こんなふうに導入するといいよ!」とアドバイスをするリーダー的立ち位置にいるんです。

Ripple Netへ参加を促す組織は「RippleNet Advisory Board」(旧GPSG)と呼ばれ、日本は三菱東京UFJ銀行も任されています。

標準的な取引条件を策定して他行もこれから導入しやすいようにしたんですね。

リップルやサンタンデール銀行などは長い期間かけて信頼を構築し、何度もテストをしてきたわけです。

これなら他の銀行もノウハウを直接受けるので参加銀行が増えていきますね。

 

サンタンデール銀行がモバイルアプリで世界中に衝撃を起こしたらますますネットワークは広がります!

日本でもRCクラウドで進む「国際モバイル決済」

RCクラウドは、

即時に着金
一つの共通アプリで送金が完結する
QRコードや電話番号で決済可能になる
送金手数料が激安になる可能性
アジア旅行はスマホ一つで支払えて両替いらずの可能性
池上彰さんの特番で紹介→リップル注目→XRP価格上昇

でしたね!

日本の場合はSBIリップルアジアの元、多数の銀行が集まり「共通アプリ」を作るので、利便性で言うとサンタンデール銀行のアプリを超えるかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. リップル物語

    XRP高騰!「マネーグラムがリップルXRPを活用する正式発表」でわかること2つ

    ついに来ました!リップル社が事前に伝えていた「国際的送金業者5社のうち…

  2. リップル図解

    【図解】SWIFTとは?国際送金を一手に担うシステムの解説

    こんにちはツインズナオキです。(@twins_naoki)Follow…

  3. リップル物語

    「日本人の仮想通貨保有率は他国を超える11%」他

    今日の相場は低調ですが少しずつ上向いていますね。5月14日には…

  4. リップル物語

    リップル社が550億XRPのロックアップを実施

    作業を止めて「リップル社ロックアップ実施の意訳記事」を作成していたツイ…

  5. リップル物語

    リップル社の「XRPで投資する」は次世代の資金調達になる可能性

    リップル社のXRPによる投資はこれからの資金調達のやり方を変える1…

最近の記事

  1. 「店舗での仮想通貨の普及を目指すSBI」他
  2. 「リップルも参加、米ICO会議が9月25日に開催する 」他
  3. 「マルチ環境ウォレットのExodusがXRP対応!」他
  4. 「xRapid採用の3つの取引所のニュースが世界に駆け巡る」…
  5. 「XRPファンド・アーリントン氏、バイナンスCEOのcz氏、…
  6. 「XRPは一時10%を超える上昇幅」他
  7. 「カナダのNetcoinsがXRP取扱い」他
  8. 「バイナンスさん、XRP基軸しませんか?の声が広がる」他
  9. 「Bitmain社はIPOで約2兆円の資金調達を目指す」他
  10. 「金融庁、仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング 中間とりま…
  1. 毎日リップルまとめ

    「インドで社員によるGOX、ユーザーへは全額補償」他
  2. 毎日リップルまとめ

    「XRPは一時10%を超える上昇幅」他
  3. 毎日リップルまとめ

    「アメックスがブロックチェーンに関する特許申請」他
  4. 毎日リップルまとめ

    「SECがETHは証券ではないとコメント」他
  5. 毎日リップルまとめ

    「リップルも参加、米ICO会議が9月25日に開催する 」他
PAGE TOP