リップル物語

テッククランチの創設者が仮想通貨ヘッジファンドの「アーリントン XRP キャピタル」を発表

ついにXRPが30円を超えてきましたね!!

今回の上昇は力強いです。
そして僕はILPワークショップの記事を書いている途中ですが、ビッグニュースが飛び込んで来たので先に和訳作業をしました。

XRPに投資家が殺到する可能性

2017年11月28日、今朝6時過ぎの「Consensus Invest 2017」での発表でした。
場所はニューヨーク。

「110億円規模のファンド設立」
「XRPを対象としたヘッジファンド」
「設立者はTechCrunch創設者のマイケル・アーリントン」

ビットコインでなくXRPというところがインパクト大ですね!ここから機関投資家が参入してくるでしょうし、様々な金融商品が生まれてくるかと思います。

日本から投資ができるかどうかわかりませんが、注視したいと思います。

ここでマイケル・アーリントンさんの本人による経緯の話を日本語訳していきます。

【以下、和訳】

2017年11月28日 マイケル・アーリントン

2013年7月1日、最初のBitcoinを102.41ドルで購入しました。その販売には1.17ドルの手数料がありました。

その時から私は仮想通貨に夢中になり愛好家になりました。ブロックチェーンと関連技術がどんどん更新され多くを学んだし、自分のベンチャーファンドのCrunchFundにかなりの投資をしました。

私は、ICOや初期コイン・オファリングとも呼ばれるトークンオファーリングに投資し始めました。また、自分の資産の多くの部分を仮想通貨ポートフォリオに投資しました。

今日、ニューヨークで開催された「Consensus Invest」のカンファレンスで、「Arrington XRP Capital」と呼ばれる新しい1億ドルの「仮想通貨ヘッジファンド」を発表します。ファンドはこれまでに5,000万ドル以上の枠に対する関与を有しており、今後数週間で取引を開始する予定です。

このファンドではXRP建てで表します。XRPの現在の時価総額(計算方法によって異なります)は、仮想通貨の中でも第3位または第4位の270億ドルです。投資家は、ドルまたはその他の通貨ではなく、ファンドにXRPを拠出します。すべてのディストリビューション、手数料などもXRPで支払われます(異なる通貨分配を希望するLPsの場合を除きます)。

私たちは、さまざまな仮想通貨資産と関連技術に投資します。主な焦点は、既存のトークンになります。ファンドはまた、プライベート・エクイティ・オファリングのような従来の投資と同様に、その資産の一部をICOに投資する予定です。

>なぜXRPなのですか?

第1に、仮想通貨建てのヘッジファンドを持つことで、すでに多くの仮想通貨を持っている投資家にとって、投資がはるかに容易になります。私たちが投資を行う際に、法定通貨に戻す必要はありません。誰もが料金と時間を節約します。

第2に、Rippleによって開発されたXR が私達にとってとても有用です。ただリップルは私たちのファンドの投資家ではありませんしリップルとの商業的関係はありません。誰もが超高速かつ安全な決済インフラを利用することができます。つまり、私たちのファンドの米国以外の投資家は、私たちに投資して後で償還することが容易になります。昔のやり方である、「遅くて手数料のかかる法定通貨のクロスボーダー取引」に頼る必要がないのです。

自分たちの手数料や給料をXRPで支払う予定です。私たちは「犬さえも食わないものを出すな」と考えていますし、投資家だけでなく、できるだけ多くのファンド運用の中で、仮想通貨を積極的に利用したいと考えています。これにより私たちはより良い投資家になるでしょう。

>チーム
私は新しいファンドのパートナーのひとりです。2005年に設立し、2010年にAOLに売却したTechCrunchのCEOであったHeather Harde氏がパートナーとして私を参加させるのです。Heatherと私は2006年以来、友人やビジネスパートナーです。TechCrunch以前は、M&Aの投資銀行家でした。
私たちの第3のパートナーは、2011年の初めに暗号化を経験した経験豊富なプロダクトと技術のエグゼクティブであるジェフリー・アロン(クリプト・プレス)です。ジェフリーと私は投資チームを率いています。
私たち3人はすべて、10年以上お互いを知り合い、働いていました。

>なぜ今なのでしょうか?
今、私の資産の10%以上が仮想通貨であり、その仮想通貨は「Arrington XRP Capital」の投資しでまもなく実際に増加するでしょう。
これは狂っていると思う人もいれば、「仮想通貨価値のバブル崩壊」自体がなくなり始めていると考える人もいるでしょう。結局のところ、1年前、すべての仮想通貨の合計市場価値は140億ドルでした。今は3000億ドルを超えています。XRP単独では、昨年、0.007ドルから0.271ドル(38倍の上昇)となりました。多くの人々は、「誰もがさっさと仮想通貨から出ていく時だ!」や「両足で飛び降りることはない」と主張している。
しかし、他の人たちは、「私たちは仮想通貨を始めようとしているんだ」と主張している。私はその一人です。一年前、私は仮想通貨の愛好家だった。今私は、仮想通貨とそれに関連する技術に専念するためにキャリアパスを変更しました。そして、これは単なる短期的なものではありません。私はこの新しいファンドで私のキャリアの残りを仮想通貨に費やすという意思を伝えています。途中で劇的な浮き沈みがあるでしょうが、私たちはこの活動を長く続けます。

またすぐに新しい更新をします。

MICHAEL ARRINGTON
(参照元 ARRINGTON XRP CAPITAL Crypto Investment Fund)

いかがでしょうか。僕はすごく将来性を感じます。ビットコインの文字一つ見つかりませんでした。彼らがファーストペンギンとしてどのように活動していくかを注目していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. リップル物語

    リップル社の「XRPで投資する」は次世代の資金調達になる可能性

    リップル社のXRPによる投資はこれからの資金調達のやり方を変える1…

  2. リップル図解

    【図解】SWIFTとは?国際送金を一手に担うシステムの解説

    こんにちはツインズナオキです。(@twins_naoki)Follow…

  3. リップル物語

    XRP高騰!「マネーグラムがリップルXRPを活用する正式発表」でわかること2つ

    ついに来ました!リップル社が事前に伝えていた「国際的送金業者5社のうち…

  4. リップル物語

    サンタンデール銀行が「3クリック・40秒」で国際モバイル決済!

    速いですねー!どうもツインズナオキです。(@twins_nao…

  5. リップル物語

    ILPユーザー会「NTTデータさんのILP開発事例」

    2018-04-13、銀座にて日本で始めて "ILPを実証実験・開発す…

最近の記事

  1. あくまでSWIFTと対決姿勢のRipple
  2. タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有…
  3. 中国のカード市場にAMEXが承認されるインパクトとリップルの…
  4. グーグルトレンドから見るXRPの価格の推移
  5. 日本とブラジルの国際送金がリップル技術でさらに拡大する
  6. マネータップは国際送金や貿易まで活用が広がっていく
  7. オープンバンキング (API)で変わっていく銀行と世界
  8. フォロワー1万人ありがとうございます!
  9. 北尾社長著書「これから仮想通貨の大躍進が始まる!」について
  1. 毎日リップルまとめ

    スタンダード・チャータードがリップルネット使った国際送金を5つ以上の国へ拡大」他…
  2. 毎日リップルまとめ

    「xCurrentを採用した中国LianLian Pay、連携銀行を一覧掲載」他…
  3. 毎日リップルまとめ

    「Coilはブロックチェーンプロジェクト “Hyperledger&…
  4. 毎日リップルまとめ

    「サイバーエージェント、仮想通貨取引所参入を断念」他
  5. 週間リップルまとめ

    週間リップル「2018年1月第3週の仮想通貨ニュース」
PAGE TOP